風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件

『ドS刑事・風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』を読んで、期待していたほどではないうえにキャラクターが微妙でした。
それでも2、3巻まであったので続いて読んでみたのですが…。
2巻目の『朱に交われば赤くなる殺人事件』で挫折しました。
1巻目もドS刑事の女性が、死体を見たいから警察になったし犯人を知っていたのにこれまた死体が見たいからそのまま放置していたってところが違和感があった作品です。
その割にドSというのを名前だけでうまく表現できていない。
たんなる気持ちが悪い頭のおかしい女ってだけでした。
犯人の犯行動機とかならともかく主人公側の人間で警察官でもあるのに親が警察官僚で誰も逆らわないのを逆手にとって楽しむのも…。
読む気が失せたので3巻目は読みません。