ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌には2週間かかります。
通常、抗生物質を投与すればピロリ菌は死んでしまいます。
ほとんどが除菌で成功するのはこのためです。
その場合は他の薬をためしてみすために二次除菌をします。
除菌前は白っぽい粘液がありますが、除菌が成功すると胃が全体的にきれいになります。
もし胃がんがあった場合はその粘膜があるためにわかりにくい。
手術するためにも除菌は必要なのはそのためでもあるのです。
ピロリ菌がいないということは、その後に胃がんになることはないということです。
だから検査をしてピロリ菌がいるかいないかわかった方がいいですね。
ピロリ菌の除菌が成功すれば胃がんになる確率は3分の1に抑えられますがゼロになることはありません。
除菌後も定期的に画像検査を受けるべきです。