白内障・レンズ

白内障についていろいろメモしておきます。
目のレンズの役目をしている水晶体が白く濁ってくるのが白内障です。
白内レンズを入れて視力を矯正できます。
今までメガネを使っていた人も1.0以上になるのでメガネの必要がなくなります。
直径約6mmのレンズを眼内に入れるので心配ではあります。
うらやましい!
眼内レンズは一生ものでずっと目の中に入っていることになります。
手術後は運動の制限などはありますがそのあとは水泳も普通にできます。
レンズの種類は二つ
一点のみに 単焦点レンズは保険がきくので自己負担は10万円くらいです。
手元がはっきり見えるし遠くの景色も見えるのが多焦点レンズになります。
多焦点レンズの方が良いですが保険がきかずに100万円くらいかかります。

クリニックへの転職は人気!

医療従事者の勤務先のひとつしてクリニックがあげられますが、とても勤務のある施設なんです。
特に立地条件など条件が良いところはスグに募集が殺到してしまいます。クリニックの求人を探すなら転職エージェントの登録が必須ですね。
医師、看護師、受付や医療事務など、それぞれ専門のサイトがありますから見てみるといいですよ。
大学病院などの大規模な施設から、あえて小さなクリニックに転職する人も多いみたいですよ。特に看護師さんがその傾向が強いイメージですが、受付や医療事務もそうみたいですね。
いくつか理由はありますが、1つは勤務日時ですね。
通常の外来のみのクリニックなら、日・祝あたりはたいていお休みなので、夜勤などもなく、家庭との両立がしやすいんです。
透析などの特殊設備を備えている場合なんかは、夜間対応しているところもあり、話が変わってきますけど。
結婚や出産してブランクから復帰したい人や、多忙な病院勤務で体を壊してゆったり働きたいという人にはオススメですね。
一方で、新卒~3年目くらいまでのいわゆる新人看護師さんの場合は、あまりオススメできないし採用もされにくい、という傾向があるようです。
習得できる知識や技術が限定されてしまうので、いきなりクリニックにはいかず、総合病院で揉まれて鍛えらた方が良いという意見があるみたいです。
あと、クリニックは看護師さんの人数が少ないので、すべての業務を1人でこなさなくてはなりません(大病院でもそうですけどね…)。困っても誰も教えてくれない、助けてくれないことが圧倒的に多いです。
なのでクリニックは大手の病院よりも即戦力を求める傾向が強いんですね。
採用側完全な新卒は経験する場合もあるし、看護師さん側からしても、最初は大きい病院でプリセプターにガンガン叱られて色々経験しておいた方がいいかも?って訳です。
とにかく、「クリニックは楽?」というイメージをもっていたらソレは大きな間違いということです。さっき書いたように人数が少ないのでシフトもギリギリの人数で組まれていて、自由がきかないですし、1人1人と業務量の負担も大きいです。
たしかに夜勤などはないので、総労働時間は短いと思いますけどね。
大手と比べると、諸手当がつかない分お給料も若干低めだと思います。
メリットとデメリット、自分の希望をしっかり見極めて転職先を決めるのがベストですね!