ドナーの環境を整えるべき

難病の人はドナーが現れるのを待つしかない場合があります。
ドナー登録をしていて一致したとしても、ドナーが了承しないこともあります。
ドナー自身のそのときの環境によっては仕事を休めないこともあるでしょうし、ドナーの家族が心配をして阪大することもあるようです。
ドナーが協力すれば一人の命が助かるなんて精神論で簡単に語れるものでもありません。
基本的にはボランティアというのがおかしいと思います。
ドナーになったら仕事は休むことになるし、自分の体にメスを入れるという覚悟やその他のサポートも必要なのに無償ですからね。
人助けをするのにお金?なんて言う人はおかしいです。
それなりのことをするのに、得られるものがないし、そもそも逆に危ない状況になったらどうするという保障もないわけですよ。
ドナーを増やすためにはもっとドナーのための安全な利益が必要です。