海外ドラマを見ていたら

海外ドラマを見ていたら、これだけ汚染対策が叫ばれている昨今なのに違法投棄をしていた企業があったという内容でした。
産業廃棄物を引き取っていると主張していたんですよ。
そこから有害物質を取り除いたものを再利用していたんだとか。
それは有効的な手段ではありますね。
しかし全部を利用していたわけではなく、一部の利用のみです。
多くの有毒物質を違法に埋めていた場所はなんと、小学校の校庭です。
その地域に住み通っていた子供のがん発生率が高くなっていました。
健康は誰にとってもかけがいのないものなのに酷い所業です。
利益のためにしていいことと、悪いことの区別がつかないんですかね。
ばれそうになったら検査員を買収しようとしていましたがめでたく逮捕されていました。

コメントは受け付けていません。