うどんにコシはいらない派

学校給食で1960年代からソフト麺があるそうです。
当時はパンだけでは味気ない、温かい食べ物をということで導入したんだとか。
現在ではこのソフト麺をつくっているところがなくなりつつあります。
40年学校給食を手掛ける会社の方がおっしゃっていました。
ピークの100分の1になり、ついには給食の規格品から去年除外されてしまいました。
あとビックリしたのは大阪の人はソフト麺を知らないこともあるようです。
地方によっては給食の違いがあるのは知っていましたけど、ソフト麺は全国共通かと思っていましたよ。
給食で出ると汁が足りなくなるのが嫌ですけど、あの腰のないうどんは嫌いじゃありません。
ヘタに腰がある本格的なうどんよりは好きですよ。

コメントは受け付けていません。