「逃亡刑事」

中山さんの「逃亡刑事」を読みました。
アマゾネスと呼ばれる捜査一課の冴子さんが目撃者の8歳男児と逃亡するというお話しです。
なんで逃亡するのかと言うと、殺人犯人が警察幹部だったので外堀からうめようとしていたら逆に殺人犯として指名手配されてしまったというストーリーでした。
男児は児童養護施設で虐待されています。
施設の息子からの虐待で訴えようにも回避のしようがないという状況。
事件が解決してからその虐待野郎をとっちめて欲しかったのに、その描写がなくてそれが不満でした。
文章でも言及がないなんて逆に驚きですよ。
おそらくそのままにはしていないだろうけれど、なんでそこに触れずに終わったのかと作者さんに聞きたいくらいですよ。

コメントは受け付けていません。